FC2ブログ
外部板張り




外壁工事も終盤です。

今回はアクセントに板張りをします。

外部に板張りというと抵抗があるかもしれませんが、、、、、

実は、この板を張る前にサイディングを張っていったん外壁を仕上げております。

その上に板を張っているので、防水などは心配要りません。

また板にはウッドロングエコという腐食防止剤を塗ります。

これは人体には害がない、木材の腐食をさせないようにする塗料です。

海外では五、六十年間メンテナンスいらずだそうです。

ちなみに日本に入ってきてからはまだまだ歴史が浅いので、実証はできませんが、、、

司建築工房の事務所には実験的に使っています。

見学したい方はお気軽にどうぞ(笑)



P1010005_convert_20090403170412.jpg
(ウッドロングエコを塗装した木格子)





!!緊急告知!!

四日市山城町にて建築途中のお客様のおうちで、構造見学会を開催します。

今回は時間の都合もあり予約制にさせていただきます。

完成前の工事の様子を直接見ていただいて、私たちの家作りに対する情熱をぜひぜひ感じてください!!

ミニマルコンパクトならではの間取りの取り方、デザインの重要性、断熱施工の違いなど、、、

ご納得いくまでご説明します。


日時 2月7日 

時間 第1部 AM10:00? 第2部 PM13:00? 第3部 PM15:00?


上記時間でご都合の良い時間をご予約ください。

ご予約はコチラから









スポンサーサイト



2010.01.29 Fri l 現場の様子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年最初のブログでお伝えしましたように、今までよりもっと多くの現場の情報を発信していきたいと思います。

まずは、各工程の詳細をできるだけわかりやすく説明していきます。

現在工事中の四日市のお客様のお家、、、
使う材料や、工事の詳細をお伝えします。


内装床張り工事

いよいよ床張りです。

今回使うのも国産の杉の無垢材です。

この杉の床板は非常に柔らかです。その足ざわりもやさしいのです。

完成見学会などの際、1日中この床の上に立ちっぱなしになることが良くあるのですが、

足腰の疲れ具合が他の床材に比べるとぜんぜん違います。

また無垢材特有の熱容量の大きさで、真冬でも暖かです。

断熱工法との相乗効果で、まるで自然の床暖房をしているかのような、感覚になります。

価格も一般的な無垢材の中では、安価なほうになります。

同じ無垢材でも、工場で加工された塗装品の場合は、足ざわりが全然違います。

これは、完成見学会などで体感していただくのが一番解ると思いますよ!!

ただ、良いことばかりではなく欠点もあります、、、、、

柔らかいということは当然傷もつきやすいものです。

すこしの衝撃でへこんだりもします。

どうしても気になるお客様には、使うことは敬遠したほうがいいかもしれません。

しかし既製品に比べれば同じ年月が経過しても、その耐久性は比べ物にならないくらい無垢材が上ですけど、、






yuka.jpg







このお客様のお家で今年初めての構造見学会を予定しておりましたが、工程の関係上開催中止になりました。

もし、構造について一度見てみたい!!というお客さまが見えましたら、個別にご案内いたしますので、

コチラからお問い合わせください。

ご希望のお客様はお気軽にどうぞ!!
2010.01.22 Fri l 現場の様子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
新年最初のブログでお伝えしましたように、今までよりもっと多くの現場の情報を発信していきたいと思います。

まずは、各工程の詳細をできるだけわかりやすく説明していきます。

現在工事中の四日市のお客様のお家、、、
使う材料や、工事の詳細をお伝えします。





塗装工事


最近の住宅ではあらかじめ塗装してある材料を使うことが多くなっています。

確かに、年数の経過に伴い、塗りなおすことは大変なので塗装してある材料を使うこともしょうがないんですが、、、

やはり、職人が手作業で塗ったものと比べると、質感や色の具合が異なります。

ましてや下地に使う材料で、風合いなどを強調したい場合は、手塗り作業が一番になります。

今回のおうちでは、屋根の色に合わせて、軒裏、破風板を塗装することになりました。

お客様には実際に打ち合わせ段階で、パソコン等で色の具合を確認してもらってあるのですが、

現場で塗ってみるとまた感じが変わるものです、、、、

そこで、実際に塗装工事の当日にお客様立会いの下、じかに色の具合を確認してもらいながら、塗装していきます。

下の写真は、サンプルで何色か塗ってみてその中で一番感触の良い色を外壁や屋根に合わせました。


tosou1.jpg



お客様が一番気に入ったのはこの色、、、、

真っ黒に見えますが、実はすこしグレーっぽいんです。

お客様には実際に塗る現場を確認していただき、微妙な感触を感じてもらえます。

これも家作りの楽しさなんですよね、、、、、





tosou2.jpg


2010.01.09 Sat l 現場の様子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
断熱工事

新年最初のブログでお伝えしましたように、今までよりもっと多くの現場の情報を発信していきたいと思います。
まずは、各工程の詳細をできるだけわかりやすく説明していきます。
現在工事中の四日市のお客様のお家、、、
使う材料や、工事の詳細をお伝えします。



dannetu1.jpg



発砲ウレタン断熱現場吹きつけについて

断熱材にも様々のものがあります。

グラスウールやロックウール、また板状の断熱材や現場施工のものなどがあります。

そこで一番重要なことは、断熱材同士の隙間ができないように施工することです。

隙間ができるということは、そこで温度差が生じ結露の原因になるだけではなく、

寒さ暑さの原因となります。

グラスウールなどの断熱材ですと大工さんがホッチキスのような釘で柱に留めつけます。

ロックウールも同じやり方ですが、これが一番隙間の原因となりえます。

一方、吹きつけ現場発泡の断熱材というものは、文字通り現場で吹き付けて発砲させるのです。

現場で吹きつけた直後およそ30倍から100倍ほどに発砲します。


dannetumae.jpg

dannetuato.jpg

発砲していく様子


断熱性能もグラスウールなどの3倍程度ですので、冬暖かで、夏涼しい家が実現可能です。

安価なものではありませんが、冷暖房にかかる電気代は飛躍的に変わりますよっ!!





断熱工事souti.jpg
2010.01.07 Thu l 現場の様子 l コメント (0) トラックバック (0) l top
あっという間の1年間でした!!

今年もいろいろな方々にご協力いただきありがとうございました。

新年が皆様にとっていい年になりますように、、、、、





1228asato












新年見学会第1弾!!

四日市市のお客様の家工事中の構造見学会を予定しております。

詳しいお問い合わせはコチラから
2009.12.29 Tue l 現場の様子 l コメント (0) トラックバック (0) l top