FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんにちは後藤です。


先日、某所に視察、研修に行った時のことです。

とある和食屋さんで昼食になりました。

その際トイレに行ったのですが、そこで発見!!






2010122101.jpg





携帯電話のカメラですので画質悪いですが、解かりますか??

どう考えても窓枠が下から30?ぐらいのところで継ぎ足してありますよね。






こんなのを見つけると、悲しくなります、、、、

食事をするところですから、そんな細かいところまで見ないでしょと思われる方もいるかもしれませんが、

店舗だろうと、住宅だろうとお客様には変わりはありません。

少しでもお客様の立場に立って考えればこのようなことはできないはずです、、、、

ココをつくった職人はどんな気持ちで、こんな仕事をしたのでしょうか?






寸法を間違えて切断してしまったのでしょうが、

それを交換することは大したことではありません。

それだけでも想いが変わるでしょうに、、、、、











改めて、工務店のあり方を真剣に考えなくてはいけませんね。








(Koo Fuu House Project)


国産材だけを使い、手刻みで加工する家、、、、

もちろん断熱性能は最高レベルです。



最近、よく


自然の風を取り入れることは、断熱材の効果を下げるのでは??


という問い合わせをいただきます。

確かに家を閉め切った状態では、超高気密になるので、窓を開けないほうが

断熱材自身の性能は引き出すことはできますが、、、、、


その性能に頼るだけではなく、シゼンノチカラでカバーできる部分を考えることが、

コーフーハウスの原点なんです。

もちろんシゼンノチカラで涼しさや、温かさを取り込んだ後、持続させるのは

断熱材の力ですから、、、、、

お互いの『相乗効果』を高めること、、、、、

これが一番重要な部分なんですよ、、、、、、、、、


















光と風の住む家  『Koo Fuu House Project』

超多忙でなかなか更新できませんが、、、、、(汗)










司建築工房のご紹介

司建築工房 WEB SITE

光と風の住む家『Koo Fuu House Project』

ミニマルコンパクト WEB SITE

スポンサーサイト
2010.12.21 Tue l 今日のできごと l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。